« ハリー用語集2 | トップページ | 日本語訳について »

シドニー・シェルダン

私が初めて完読した洋書は実はハリー・ポッターではありません。
シドニー・シェルダン(Sidney Sheldon)の”The Chase”でした。

”The Chase”はイングリッシュ・アドベンチャーというアカデミー出版の教材です。教材用のみで、一般の単行本としては販売されてなかったと思います。英語中級レベル者を対象に、比較的易しく、読みやすい内容で書かれています。まだ洋書を読めるかどうか心配な方はこのような少し易しめの本から始めてみるのもいいと思います。

ただ、”The Chase”はCDと日本語訳とのセットで販売されている教材なので、本だけで手に入れることはできません。購入できる易しめの本については、次の機会に紹介したいと思います。また、これから洋書を読んでいこうとしているなら、日本語訳は絶対に見てはいけません。洋書をたくさん読めば読むほど、英語でイメージを掴み易くなってきますが、日本語訳を見てしまうと英語からイメージしていく癖がつかないからです。

”The Chase”を読み終えて、初めて読んだ単行本は同じSidney SheldonのMaster of the Gameでした。サスペンスで続きが気になってしょうがなく、一気に読み終えてしまいました。個人的には、ハリー・ポッターよりも初心者には読みやすいんじゃないかと思います。内容がハラハラ、ドキドキで飽きさせないんです。少し、量が多く、中だるみする場面もありますが、私の当時の貧しい英語力でものめり込んで読むことができました。

|

« ハリー用語集2 | トップページ | 日本語訳について »

「おすすめ洋書」カテゴリの記事

「シドニー・シェルダン」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「洋書」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184395/4314145

この記事へのトラックバック一覧です: シドニー・シェルダン:

» オーストラリア : シドニーフェスティバル(シドニー) [海外旅行ツアー 格安・激安で行きたい憧れの地]
オーストラリアの真夏、1月に開催されるのが25年以上の歴史をもつ芸術祭 「シドニ... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 16時14分

« ハリー用語集2 | トップページ | 日本語訳について »