« 英検1級終了・・・。ご報告☆ | トップページ | シドニー・シェルダン:Nothing Lasts Forever »

キャッチャー・イン・ザ・ライ:英語で感想

ライティング力を鍛えるべく、これからどんどん英語で文章を書いていくことにしました。

まずは、おすすめ本のCatcher in the Ryeの感想文を書いてみました。

ネタバレというほどになるかわかりませんが、本の内容に少し触れているので知りたくない人はご注意ください。

文法などの間違いはネイティブの人に直してもらってます。

ちなみに、以下の文章はタイトルを除いた単語数が289ワードでした。英検1級のエッセイは200ワード程度でいいのでちょっと書きすぎています。
昨日の英検の試験でも、たくさん書きすぎてしまいました。
200ワード程度にまとまるように簡潔に書けるように練習していく必要がありそうです。

My thoughts on the Cather in the Rye

The Cather in the Rye is a story about a teenager who keeps dropping out of school. He is cynical towards society and does nothing but criticizing everyone around him.

I was not expecting this type of story that the book presents. I thought it would be a love story judging from the Japanese title. However, it was not at all a love story, but rather a book about adolescence.

The main character thinks there are too many “phonies” around him, with many being in his school. Since he could not bear being around these phonies, he decides to quit school. After reading continuing counts of him criticizing his roommate, friends from school, and teachers, I started to realize what he was trying to express.

His father is a lawyer, an occupation he considers full of “phonies.” Though he quits school, due to the considerable amount of income that his father earns, he is given several chances to re-enroll at various elite schools. It becomes evident that his strong belief towards justice and doing the “right thing” has made him cynical after seeing all the injustice that occurs in his environment.

He wants to do the right thing or to help people out, but not because of money. He thinks that even when you accomplish a great thing if you are paid for those actions it basically means that you most likely did it for the money. He expresses his dislike towards this type of hypocrisy, and emphasizes that he wants to become “The Catcher in the Rye.” After realizing the meaning of the title of this book, I was really impressed and sympathized with the main character and the problems that many adolescent youths encounter when facing life.

|

« 英検1級終了・・・。ご報告☆ | トップページ | シドニー・シェルダン:Nothing Lasts Forever »

「おすすめ洋書」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「洋書」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184395/5131305

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチャー・イン・ザ・ライ:英語で感想:

» 動画で英語を学べるカラー液晶画面を搭載「マジックトーカーズLM-500J」 [マジックトーカーズ 激安通販]
持ち運べて、辞書がいらない英語・英会話教材「辞書付 マジックトーカーズLM-500J」それがコチラです ↓なんと!動画で英語を学べるカラー液晶画面を搭載ユーザーの90%以上が満足したマジックトーカーズの最新モデルがこれです。■モニター様に使用感想を聞きました。TOEIC受験予定で、勉強中ですが TOEICの問題は写真を見てのリスニング問題もあり、まさにテストそのものでとても驚きました。TOEICテキスト対策教材も... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 08時34分

» 英語勉強法5 [英語勉強法]
英語勉強法5英語翻訳勉強には、ドラマや映画など普段使われている英語をどんどん身につけていくことが重要です。日本が学校で教えてくれることは堅苦しい英語ですからね。英語長文勉強法は、どんどん大学の過去問を解いていくのがいいでしょう。時間配分なども身に付きますから。英語文法勉強にはきちんと本で勉強された方がいいですね。英語無料勉強には、やはりビートルズ!効くのもよし!日本語に訳すのもよし!一石二鳥です。洋楽英語勉強はとてもいい英語勉強法です。英語勉強しかたは様々ですが、自分が楽しく...... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 01時02分

» 現役プロ翻訳者、網野智世子が教える、あまりにも効果的な学習法! [TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!]
30歳からできたラクラク英語マスター法!言語ってちょっとしたコツなんです。 無料レポートをお読みください! [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 19時48分

« 英検1級終了・・・。ご報告☆ | トップページ | シドニー・シェルダン:Nothing Lasts Forever »