« 「プリンセス・マサコ」日本語版の出版、中止 | トップページ | Lostが終わるかもしれない!? »

プリンセス・マサコ:副題の訳見つけました

Princess Masakoの副題、さきほど自分で訳してみましたが、出版予定の正式訳を見つけました。

”Prisoner of the Chrysanthemum Throne; the Tragic True Story of Japan's Crown Princess”
ですが、

「菊の御紋の囚われ人 日本の皇太子妃の悲話」

なんとも、うまく訳すものです。

オーストラリアですでに出版されているようです。

き・気になる・・・原書で読むのも悪くないだろう。
日本の話題を外国の人とするときに役立ちそうな。

買うかもなー。

|

« 「プリンセス・マサコ」日本語版の出版、中止 | トップページ | Lostが終わるかもしれない!? »

「おすすめ洋書」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「洋書」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「英語」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184395/5369214

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセス・マサコ:副題の訳見つけました:

» プリンセスマサコ [プリンセス雅子]
「雅子妃はほとんど一日中、自室にこもり、 午前2時か3時まで経済書を読んだり、楽器を弾いたりして過ごした。 話す気力もなくし、 ドアのすき間からメモを差し出して職員たちと意思疎通していた」 [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 17時44分

« 「プリンセス・マサコ」日本語版の出版、中止 | トップページ | Lostが終わるかもしれない!? »